考えるべきこと

墓

先祖代々の墓がある場合、その墓を守っていくのは子孫の役割だという考えがありました、しかし最近では子孫がいないという家庭も増加をしてきており、墓を守ることができないということもあります。また墓ではなく、自分は納骨堂を購入したいということもあるでしょう。そうなってくると先祖代々の墓の処分を考える必要が出てきます。今は墓じまいをする人が増えています。遺骨を納骨堂に納めたり、永代供養ができる寺院や霊園に管理をしてもらうという方法です。遺骨をそのままにすることはできないので、永代供養として赤の他人と一緒に埋葬をし直すということになります。永代供養は供養をしてくれる人がいない場合にも希望をすることが出来るので、単身者が逝去をした後のことを考えて生前に申込みをしておくということもあります。費用に関しては事前にチェックをしておくことも可能なので、どれくらいの準備金が必要なのかも確認をしておくとよいでしょう。

申込みを行う場合

女性

墓じまいを考えている場合、どういう処理を行うのかということも検討する必要があります。どこに相談をするべきなのか分からないということもあるでしょう。そんな時にはまず葬儀会社に相談をするとよいかもしれません。永代供養を行っている寺院などを紹介してくれることもありますし、墓の処分方法に関してもアドバイスをしてくれるということがあります。またかかってくる費用に関しても相談を受けてくれるので安心をして任せることができるようになっています。もしも菩提寺がある場合には菩提寺に相談をしてみるのも1つの方法です。最近では墓じまいを希望する人が増加をしている、ということもあるので、永代供養を行ってくれる場合もあります。必要に応じて供養を行ってくれるので、菩提寺に任せるというのもよいいでしょう。寺院に直接相談をする場合、費用の比較を行うこともできませんが、作業はスムーズに行うことができるというメリットはあります。どういうところで行うのがベストなのかということもチェックをしておくとよいかもしれません。葬儀会社が墓じまいに関する相談会を行っているというところもあります。まずは相談をしてみるだけでもよいかもしれません。相談を行った上でどうするべきなのかということを再度検討し、処理に関して決めるというのもよいでしょう。出来れば親族に意見を求めるということも行ってみるとよいでしょう。

広告募集中