HOME>オススメ情報>種類の見分け方のポイントと適切な清掃方法
仏壇

3タイプの種類とそれぞれの特徴から清掃を

仏壇の種類は金箔を貼ったり、金細工を施したり、あるいは漆塗りで仕上げたりといった豪華なタイプから、黒檀や紫檀といった唐木と呼ばれるタイプかのいずれかでした。これに新たに加わったのがリビングにマッチする家具調の仏壇で、一見するとモダンな収納家具のように見えるのに、中を開ければ実は仏壇だったというところが人気です。現在の仏壇の種類はざっと分類すると非常に凝った装飾の高価なものと、手入れの簡単な日本に古くからある伝統の木材使用、そして海外の木材を使った新型に分かれます。造りも違えば素材も異なるとあって、仏壇掃除の方法もそれぞれの特徴にマッチした正しい方法でおこなわないと、きれいにしようとして予期せぬ破損につながりかねません。特に精巧な造りの金仏壇の場合は、掃除も繊細かつ細やかにおこなう必要がありますが、いざとなるとどうやって掃除したらいいかで悩むこと必至です。

専用のグッズを活用しよう

金仏壇は金細工を施した部分にたまった埃を無理に取り除こうとすると、細工ごと取れてしまう可能性があり、もっとも注意が必要なタイプです。黒檀や紫檀を用いた唐木仏壇と呼ばれるタイプは細工がほとんどほどこされていないとあって、はたきでパタパタと埃をはたくだけでよく、最もお手入れが簡単と言えます。おしゃれなリビング仏壇は、最近の家具のほとんどで使われているウォールナット材などの木材でできているため、こちらもお手入れは簡単ですが、注意点もあります。唐木仏壇とリビングタイプはどちらも基本的に木材なので、濡れた布で拭くと木材の劣化を速めてしまう恐れがあることから乾拭きで仏壇掃除が鉄則です。近頃では仏壇掃除のためのお掃除グッズが多数売られていますので、金仏壇から唐木にリビングタイプまで、ありとあらゆる仏壇掃除が可能なグッズを利用するのもおすすめです。

広告募集中